石膏装飾の事例

吉村興業の石膏装飾の事例をご紹介します。

当社本社社屋の石膏装飾の施工風景です。

石膏の元になるパーツを型抜きしていきます。

ブリキで型を作ってその上に石膏を流し、

中央は木の板を回転させて形造っていきます。

作ったパーツを貼り付けていきます。

同じ材料(石膏)で天井に貼りつけていきますので、

ビスは一本も使っていませんが、天井と一体となります。

天井の漆喰仕上げです。

塗り付けて水引き加減を見て押さえています。

平らにするために何度もこなしていきます。

(押さえる、こなす=表面を平滑にすること。)

完成写真です。

継ぎ目がない1本ものであるほど価値が高く、

この本社の石膏の蛇腹(じゃばら)は最大で5800mmです。

(蛇腹=建物の天井と壁の境目を帯状に飾る装飾。モールディングともいう。)

完成写真です。

天井がくり抜かれたようになっていて、

そこに石膏装飾の中心飾りが装飾されています。

左官で造る蛇腹や中心飾りの石膏装飾は、

一般住宅のシャンデリア周りの装飾や、

大使館、美術館、ホテルなどにもよく使われています。

お読みくださり、有難うございました。 あずさ

#石膏装飾 #漆喰 #蛇腹 #モールディング #中心飾り

RECENT POSTS

ARCHIVE POSTS