ものづくり匠の技の祭典で鏝絵実演

2017年8月10日、東京国際フォーラムで開催された

「ものづくり匠の技の祭典2017」にて

東左連青年部のメンバーで、

葛飾北斎の「冨嶽三十六景」を鏝絵で実演いたしました。

ものづくり匠の技の祭典2017

鏝絵とは、日本で発展した漆喰を用いて作られるレリーフ。

左官職人がこて(左官ごて)で仕上げていくことからその名がつき、

着色された漆喰を用いる。

昔は、財を成した豪商や網元が母屋や土蔵を改築する際に、

富の象徴として外壁の装飾に盛んに用いられていました。

左が吉村誠(𠮷村興業株式会社社長)

左官 鏝絵

波しぶきは、ブラシを使って描きます

全編はこちらからご覧いただけます。

(引用)ものづくり匠の技の祭典ホームページ https://www.monozukuri-takumi-expo.tokyo/perform/aug10.html#ftab

ものづくり匠の技の祭典

https://www.monozukuri-takumi-expo.tokyo/

#左官 #匠 #鏝絵 #葛飾北斎 #冨嶽三十六景 #ものづくり匠の技の祭典 #2017

RECENT POSTS

ARCHIVE POSTS