現場 日誌★6月24日

みなさま、こんにちは。

昨日は、壁表面を剥がした後からの作業様子を報告しました。

本日は、壁剥がし作業がどのようなものなのか、見学してきましたのでレポートさせて頂きたいと思います。

先に、どのような感じか動画で雰囲気をお伝え致します。

壁面を実際に剥がしている様子、そして剥離剤を塗っている様子です。

さて、こちらの作業を行う前の養生作業から、順番にレポートしていきたいと思います。

 養生作業は、腰高棚の上や、

天井と壁面の隙間も、あらゆる汚してはいけないところを前もってカバーしておく作業です。

養生を終えたら、剥離剤を塗っていきます。

剥がす壁面の材料にもよりますが、剥がしやすいようにハクリパウダーというものを水と混ぜてゼラチン状にし壁に塗っていきます。

雪どけ?大根おろし?ゼラチン?

こちらを塗っていきます。

別部屋です。こちらも塗っている様子です。

水分を含んだ状態のほうが剥がしやすいので、乾ききる前に剥がす作業に入ります。

棚下の壁面も。

剥がした後の壁面材が砂場のように積もっていきます。

剥がしているときより、ホウキで掃いているときのほうが粉が舞ってました。

あとは、養生して今日は終了です。

養生、この棚下奥も。。。

ここまで読んで頂きありがとうございます。

次回は、外壁の漆喰塗りの様子をレポートしたいと思います。

お楽しみに☆(^_-)-☆


RECENT POSTS

ARCHIVE POSTS