ものづくり・匠の技の祭典2018

~*~擬木の実演・光る泥団子づくり~*~

2018年 8月8,9,10日、東京国際フォーラムで開催された

「ものづくり・匠の技の祭典2018」にて、

𠮷村興業のメンバーで擬木の実演を行いました。

擬木とはその名の通り、モルタルで自然の木を摸したものをいいます。

モルタルを使用して、タコとコウモリを表現しています。

タコの足にこだわり、苦戦した様子も感じられましたが、

目の前で職人技が見れることもあり、お客さんは終始興味津々な様子でした。

𠮷村興業株式会社 職人→左 海谷純、右 安邉百世

工具を持って繊細なところまで追求していきます。

タコの吸盤は細かい作業で大変そうですが、それ以上に仕上りが楽しみですね。

また、多くの方から「木の上にタコが乗ってる!不思議だけど面白い!」という意見をいただきました。

隣のブースでは光る泥団子づくりが開催されており、

小さなお子様と仲良く真剣につくっているのが伝わってきますね。

𠮷村興業株式会社 職人→髙羽直子

このように𠮷村興業は面白いアイディアかつ匠な技術を

沢山もつ職人さんがいる楽しい職場なんです!!

、、、ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

次回の更新までしばらくお待ちください! あずさ★


RECENT POSTS

ARCHIVE POSTS