竹小舞下地 土壁 Part3

若葉青葉の候、みなさんお変わりございませんか。

今回は、竹小舞下地 土壁Part3をご紹介します。

むら直し(底埋め)

普通は塗り厚を2~3分残して平らに塗るのがよいが、

真ん中を高く塗るようにする。

そうすることにより、鏝の角が利かず、鏝波が消えやすい。

この際、鏝圧を十分にかけて塗り付けると、剥離を防ぐ1番のポイントとなる。

中塗り仕上(中塗仕舞い)

荒壁・裏返し・貫伏せ・チリ廻り・底埋めと手順通りに行い、

次の中塗で仕上とする工法。

土は中塗土を使用する。

切返し仕上

今回は、5~8分のひだし苆を使用し、中塗よりは上品な印象を感じられる仕上。

土は中塗土を使用しましたが、聚楽土を少々足してもよいそうです。

漆喰押え仕上

石灰・麻苆を主原料とした内外両用に使える仕上。

砂漆喰を薄く塗り、水引きの具合を見て上塗漆喰を2回塗で塗り付ける。

、、、ここまでお読みくださり、有難うございます。

今回で竹小舞下地 土壁 シリーズは終了になります。

沢山の方に読んでいただけるよう、新しいネタを用意していますので、

更新までしばらくお待ちください!! あずさ

#竹小舞下地 #土壁 #木造 #伝統工法 #割り竹 #小舞下地 #荒壁塗 #貫伏せ #漆喰 #チリトンボ #ひげこ #むら直し #底埋め #中塗り仕上 #中塗り仕舞い #切返し仕上 #漆喰押え仕上 #村興業 #吉村興業株式会社

RECENT POSTS

ARCHIVE POSTS